お洗濯について

風合いを損なわない、縮まない、型くずれしない手洗いの基本は素早く手洗いすることです。

また、色が出る場合があるので単独で洗ってください。
コットン編
    その1
    手洗いをお勧めします

「洗濯機可」綿製品でも手洗いすると、長持ちします。
特に手織り製品は押し洗いやふり洗いとします。
※弊社のベッドカバー、テーブルクロスなどはネットに入れて洗濯機で洗えます。
    その2
    中性洗剤を使用

漂白剤の入ったものは使わないこと。

    その3
    干し方に一工夫!


影干ししてください。服は干す時にハンガーかけして、両手で挟みたたきをしてしわをなくしてください。 アイロンがけがしなくてすみ、洗いざらしの風合いが楽しめます。
 但し、手織り製品は必ず平干ししてください。 縦に伸びることがあります。(身幅が狭くなります。)


シルク編
 
     ※ご心配な方はドライクリーニングに出して下さい。 
    その1
    中性洗剤を使用

中性洗剤やドライ用洗剤, シルク専用洗剤を使用してください。塩素系漂白剤は生地を傷めますので絶対に使用しないでください。

    その2
    ぬるま湯で手洗い

30度程度のぬるま湯で手洗いしてください。洗い方は、押し洗いやふり洗いとし、もみ洗いはしないこと。汚れのひどい箇所は軽くたたくようにして洗います。
洗濯後はきれいな温水で洗剤が残らないように十分すすぎ、すぐに形を整えて、乾燥には風通しのよい日陰に干してください。
    その3
    あて布でアイロン

木綿の当て布をして、120度から130度程度(指示目盛よりやや低め)で軽くかけます。霧吹きをする場合は当て布の上から均一に湿らせ、シミをつくらないように注意してください。
スチームアイロン使用の時も、水滴に気をつけて短時間で仕上げてください。また、織物の経糸、緯糸の方向に 沿ってかけ、アイロンを布の上で止めないようにしましょう。

ウール編
     ※ご心配な方はドライクリーニングに出して下さい。
    その1
    中性洗剤を使用

必ずウール/お洒落着用の中性洗剤を使ってください。
アクロン(ライオン)・エマール(花王)・モノゲン(P&G)などパッケージにウールマーク 表示のあるウールマーク認定洗剤をお勧めします。

    その2
    脱水は30秒程度に


長くすると毛羽立ちの原因になりかねません。ウール物が傷む可能性があります。

    その3
   温度変化は大敵

ぬるま湯で洗ったウール物は、必ず暖かい暖房のある部屋で、または風呂の蓋の上で平ぼししてください。


    その4
    ハンガー干しは厳禁


製品が伸びる場合があります。

ウール製品の洗濯周期は、通常1ヶ月−2ヶ月に1回程度で良いです。
 毎日着用しても、普段のお手入れは1週間に一度ないし、着たその日か翌日に、陰干しをして叩いてください。
 但し、油系、タンパク系の汚れのときには洗うことをお薦めします。
このウインドウを閉じる


ウィージャのトップへ


■ 当サイトへのリンクはフリーです。
テキストリンクは アジアの布・雑貨 ウィージャ in 恵比寿.  でお願いします。 相互リンクご希望の方はご一報ください。

バナーが必要な場合は左の画像をコピーしてお使いください。(直リンクはしないでください。)
相互リンクご希望の方はご一報ください。

Copyright (C) OUIJA CO., LTD all rights reserved.
アジアの布・雑貨 ウィージャ